動物病院

動物病院を地域別にいくつか紹介

東京

東京にある《東京動物医療センター》の紹介しましょう。

 

ここは動物病院としては最先端の医療施設と言われ
医療大学と提携しています。プロジェクトを立ち上げていて
高度先進医療だけではなく日々の健康管理にも力を入れています。こんな大きな動物病院でありなが対応する「犬・猫」ならば
一般的な病気の治療、ワクチン、狂犬病、フィラリア、予防接種、不妊手術、去勢手術から腫瘍科、歯科、眼科、整形外科、皮膚科などの病気まで対応してくれます。
設備面においても
国内外とのネットワークを確立し医学・工学・獣医学の連携による近未来型の手術法や検査法にも取り組んでいてスタッフの充実と言う面でも優れています。
獣医師としてこのような設備の整った場で動物と向き合いたいと思うことは間違いないほど理想的な動物病院です。

 

動物が病気になるということは生きている以上当たり前です。今まであきらめていた動物への治療も高度医療を施すことが可能となりました。これは動物病院の設備と動物病院スタッフの技術の向上のバランスが取れてるからです。いくら設備が良くてもスタッフの技術が伴わなければ宝の持ち腐れです。
東京動物医療センターのスタッフは全員の技術向上と均一化に努めています。そのために
定期的に外部から講師を招いて超音波画像診断やレントゲン撮影に関する勉強会なども開かれどのスタッフでも安心な診療ができるような計らいになっています。

大阪

大阪にある《南大阪動物医療センター》の紹介をしましょう。
南大阪動物医療センターも大きな動物病院です。獣医師・動物看護師等スタッフもいてまるで人間の病院のようです。それぞれの方々が高い意識を持って動物医療にかかわっていらっしゃいます。
診療時間も予約のみの時間も設けられていたり大きい病院では担当してくれた獣医師がころころ変わるデメリットがありますが南大阪動物医療センターでは獣医師の指名もできます。
また「しつけ教室」も充実しておりしつけが不安な飼い主さんにとっては強い味方になると思います。
そして安心して病院に通っていただけるように動物医療に関するさまざまな相談を受けられるようにソーシャルワーカーによる ウェルフェア相談の場を設けています。ペットとの関係がうまくいかないとき、ペットのしつけに関して悩んでいるとき、ペットが受ける治療に関して疑問や不安がわいたときなどなど心に貯めがちなペットに関する悩みなどをに専属のスタッフ相談できるのです。
南大阪動物医療センターのホームページを覗いてみましょう。獣医師たちのコラムが毎月掲載があります。

 

「薬の話」であったり「食の意安全」「白衣の話」などちょっと興味深いことがきさいされています。例えは薬の話ですが動物もお薬を与えるのは難しいことです。大好きなはずの飼い主もお薬を飲ませようとするならば『敵』です。
信頼関係の重要さなどにも気づかされます。

福岡

福岡にできた救急動物病院《福岡夜間救急動物病院》を例に挙げてみましょう。

 

こちらの病院は夜間を専門です。
診療時間は夜九時から翌朝五時まで・年中無休です。
かかりつけの動物病院が休診している夜間の時間における救急の病気を診察・処置の実施です。救急以外の診察は基本的に行なわないのです。
よってワクチンなどの予防接種は行っていません。
入院も診察時間内で飼い主の付き添いが必要となり翌日、必ずかかりつけの動物病院を受診して頂けるようお願いしてあります。
CT検査・MRI検査・放射線治療は実施はありません。
また飼い主のいない動物の治療及び保護に関しては連れて喜多方の責任担うrとのことです。
こられた方の責任でお願いします。
またほかにも約束事があります。
必ず来院してからの診察になるということと翌日にかかりつけの動物病院へかかってもらうことなどが挙げられます。
また来院の際には、服用中のお薬、検査データなど今までのものを持参してもらうことも記載があります。
動物病院として緊急のみ対応と言うのも全国で珍しいシステムです。

札幌

動物病院においても動物の健康管理のための「1日ドック」をやっている動物病院が「札幌」にあります。人間の人間ドックの動物版と考えていただいてよいでしょう。動物の
体の異常がないかを1日かけて検査してくれるのです。
飼っているペットも高年齢化してくると心配でしょうし毎日お世話をしていても会話ができないペットの体調に気付けないこともあります。そこで定期的な診察を受けることで体調管理ができるのです。
もし
病気が見つかればすぐさま治療ができます。人間同様、早期発見ができれば安心です。肥満などの生活習慣病の早期予防にもなります。このペットの生活習慣病は増えてきています。ペットの食生活の変化からです。

 

検査は人間同様、注意事項があります。検査当日は朝ごはんは与えてはいけません。水だけはOKです。午前中の診察時間に連れて行きくるうんちやおしっこを検査もありますから当日の分があれば持っていきましょう。
検査項目は
血液検・胸部、腹部のレントゲン・心電図・希望すれば超音波検査を受けられます。こちらは追加料金が必要になります。
検査により内臓の機能やコレステロール、血糖値など人間同様に結果を出してくれます。

 

1日ドックは予約制です。
事前に申し込みましょう。

岡山

それぞれの県によって動物病院の在り方も変わってきます。今度は岡山にも「動物医療センター」があります。
こちらの口コミサイトを覗いてみましょう。
一貫性がないのか賛否両論が飛び交っています。獣医師も13人体制とのこと…やはり獣医師によって感じ方は違ってくることでしょう。
満足度が60%と言う評価をどう思われますか。5人に2人は不満であるということになります。
コメントの中で気になったのが「お金にならない治療はしたくないのか」や「獣医師が疲れていたか」や「終了時間一分でも過ぎたら診ませんよ」などはちょっと考えさせられます。

 

 

獣医師も開業をしているのであれば接客業でもあります。飼い主様は
お客様なのです。対応の時から不快感を与え手はいけません。

 

動物病院に連れて行く上でチェックしたいことをお話ししましょう。
@スタッフの対応はどうですか
A動物を扱うことにスタッフはなれていますか
B獣医師は治療などの説明をきちんとしてくれますか
この三つは最低限チェックしたいことです。
今は動物病院でもセカンドオピニオンを考える時代です。トラブルが起きる前に動物病院もしっかりとチェックし決めましょう。

横浜

ペットブームにより動物病院の需要は高まっています。中でも都市部を通信に動物病院は多くみられます。

 

横浜の《DVMsどうぶつ医療センター横浜》についてお話ししましょう。
DVMsとはDedicated(献身的な) Veterinary(獣医師) Members(集団)の略です。この言葉通りの動物医療が行われています。「心地よさ、健やかさ、そして精神の癒し」をモットーに地域で暮らす動物達、その動物達と一緒に生活している飼い主さん達に安らぎを提供し獣医医療従事者にまで癒しと安らぎを提供することを目的としている組織です。と謳われています。
《DVMsどうぶつ医療センター横浜》は横浜を中心とした70以上もの動物病院と提携しています。
緊急を要するペットの場合はもちろん夜間診察いたします。夜間の診療後落ち着いたならばかかりつけの動物病院にての診療に切り替えれことができます。《DVMsどうぶつ医療センター横浜》の掲げているペットたちが健康な暮らしができるようにと言うことをまずは考えているからこその診療方法です。

 

動物病院を一人で開業するということはできることが限られてきます。設備の問題もあるでしょう。人間だってb何かあれば大きな病院へ紹介状を出していただきますね。動物も広域の動物病院が連携することによって、より良い治療ができるのです。
動物も
高度医療を施すことができるようになりました。しかし設備の面などから高度医療を施せる動物病院は限られます。連携体制をとることで救える命が増えてくるのです。
ペットを家族同然と考える思いが形になった体制とも言えるでしょう。
ています。

埼玉

《埼玉動物医療センター》についてお話ししましょう。
《埼玉動物医療センター》は日本獣医生命科学大学と提携されています。高度画像診断や神経科の分野で日本獣医生命科学大学からのサポートがあるそうです。
ホームページを見ると設備等も充実しており清潔感も感じられます。を頂いておりました。時間外診察費についても細かく記載がありますから安心ですね。
また動物も輸血が必要な時があります。その時のための輸血ボランティアがあるなど近代的な取り組みもあります。
この他に好感のもてることは病院内は各部屋に大きな窓があり
明るくオープンな雰囲気に包まれます。
動物たちがストレスを感じない空気作りはとても好感が持てます。
またトリミングと言いペットの毛並みをスタイリングすることは当たり前の時代です。埼玉の動物病院をはじめ全国的に動物病院内でトリミングをすることができます。動物病院において美容院的なこともできるようになっています。猫や犬のトリミングと言うのは単にかわいく見せるおしゃれ的な意味もありますが犬や猫が快適に過ごすことができるようにするためでもあります。

 

動物病院内でトリミングを行うことで、皮膚病の治療の一つにシャンプーもありをすることもあるので動物の健康状態をチェックすることができます。

 

 

つまりトリミングが病気の発見につながることも有ると言えます。ここで症状を把握し治療につながるわけです。

 

トリミングは予約制になります。予め予約をしましょう。カットなしの
シャンプーコース、シャンプーと全身のカットのトリミングコース等があります。トリミングの料金は
毛の量や体重によって変わってきます。手間がかかれば高くなります。

アメリカ

アメリカの動物病院のお話をしましょう。
この動物病院はまるで人間の病院と思える程
りっぱな動物病院です。

 

まず外観。建物も立派です。設備も充実しており
スタッフの数も充実しています。

 

国民性かもしれませんがアメリカ人の動物に対する思いと言うのは日本人がペットを家族同然の思いが強くなったとは言え日本においては人間用の病院と間違えるような動物病院はありません。
まずアメリカと日本の動物病院の違いは規模です。
アメリカでは各地域に動物病院が必ずあります。しかも24時間体制だそうです。

 

日本ではペットが原因の隣人トラブルは珍しいことではありません。しかし
アメリカの場合はペットを飼ってはいけない住宅が少ないということや家も全体的に広いと言うこともありペットはいて当たり前のようです。
ですからアメリカは動物病院の需要は自ずと高くなります。動物病院での各ペット1匹ずつの管理も素晴らしくカルテの保管も人間の病院同様の保管棚に保管されています。
またスタッフの方の教育も素晴らしく充実しているようです。
アメリカの動物病院のホームページがありますから覗いてみませんか。
アメリカの事情はりっぱですが、日本でのを覗いてみましょう。ちょっとうらやましく思うかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ