動物病院の費用

動物病院の費用について

動物医療と言うのは実費です。

かかりつけの動物病院で予防接種も「高いな〜」と感じていませんか。
動物病院の料金と言うのは一律ではありません。予防接種も病院によって値段は異なります。

 

そこで格安の動物病院を探してみましょう。

 

インターネットで各動物病院のホームページから確認できます。

 

 

犬の場合を見てみましょう。
予防接種は狂犬病の予防注射やフィラリアの予防などが一般的なものです。予約制のところもあるかとは思いますがすぐに注射はできると思います。
予防接種はいずこの病院で受けても同じならば安くあげたいと思うでしょう。
いくつかホームページを覗いてみるとお分かりになると思いますが費用は大きく違います。同じ予防接種ならば安くあげたいと思うことでしょう。予防接種は格安に行うのも悪いことではありません。予防接種は行うことが大事なのです。
また診察においてですが動物病院も人間同様、初診料や再診料はかかります。これは最低限必要な費用になります。

 

また夜間料金も加算されることが殆どでしょう。
治療に関しては信頼性とか持病があれば同じ獣医師に診て貰いたいと思うことでしょう。しかし何か不審に思ったりしたならば動物もセカンドオピニオンを考える時代です。

料金に相場はある?

動物病院は診察料も治療費も予防接種料金も決められているわけではありません。それぞれの病院によって料金が違うのです。そこで相場と言うものは知っておきたいところだと思います。しかしこれにも開きがあるのが現状です。
おおよそですが必要な料金のおおよその金額の例あげておきましょう。
@初診料…500円から2000円くらい
A予防接種…薬の内容によって違う〜5,000円くらい!!
B狂犬病の予防接種…市町村の役場や保健所などで実施〜少し割安!!
C不妊手術や・去勢手術…3万円くらい
D治療での注射…
注射1本で2000円くらい
E点滴…4000円以上
個々の動物病院で大きな開きはあります。意外に人気の高いところの方が料金を安いと言うこともあるようです。
また飼い主も可愛いペットちゃん助けてもらいたい一心で言われるがままに治療をしていたらべら棒な治療費を請求されるかもしれません。獣医師としっかり話し合える動物病院を選びましょう。また日頃の様子を観察しておくことは重要です。いつも一緒にいればペットの異変には気付けるはずです。

ペット保険

ペットを思う気持ちも大きくなり動物病院を利用する方も増えてきています。
またこの治療も獣医学の発達で高度医療の充実から、治療費が高額にもなっています。人間同様にレントゲン・エコーなどはもう当たり前です。
そこで動物に対する保険が注目されています。
ペットの病気になり治療対象となる範囲が昔に比べると広がりペットへの医療費がかさむ世の中なのです。寿命と諦めなければならなかった病気も治療可能になっています。家族同様のペットです。飼い主の「生きていてほしい」思いは膨らむばかりです。
動物の治療費は一般的に
初診料が1,000円くらいです。入院料は3,000円から5,000円程になります。レントゲン・エコー・血液検査・尿検査…検査が増えればその分検査料金が加算されます。
治療費は各動物
病院によって違ってきます。ある程度の金額はホームページから把握できます。治療費は人間の場合と同じくらいかかることは念頭に入れておきましょう。
そこでペット保険を検討しましょう。

 

手術となると、数万円はかかります。いざという時のためにペット保険も考えてみませんか。

通販サイト

これは動物病院側のお話になります。
今は動物も夜間診療を行う時代です。治療に必要なお薬や治療用品も多くなってきています。これらの在庫を抱えておくことは動物病院の経営も圧迫します。
そこで最近ではこれらのお薬や医療用品を販売する動物病院を対象通販が注目されています。

 

 

「プロミクロス」がこの動物医療をサポートしています。動物医療に必要な
医療関連のアイテムをwebで購入できるのです。
必要なものをカタログで探して注文できます。取扱商品も
幅広い範囲で対応しており何よりうれしいのはリーズナブルな価格であるとことです。

 

必要な分だけを注文で来ますから動物病院が余分な在庫を持つことはありません。また24時間注文でき
遠方でなければ翌日届けられます。土日・祝日も営業しています。
動物病院が24時間栄養になってきている時代です。それに必要なものも24時間体制で動いてくれる時代なのです。
動物病院の市場が高まることに比例して
それにマッチした通販サイトも売り上げも右肩上がりです。


ホーム RSS購読 サイトマップ